富田望生 ヒルナンデスでの母の手紙が話題に!卒業が名残惜しい

 

ヒルナンデスで毎週木曜日の顔としてレギュラーメンバーだった、富田望生さん。

2021年3月に卒業しました。

今回は、2020年の成人式の時に届いたお母さんからの手紙について、そして卒業が名残惜しいとの声を調べてみました。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

富田望生(@tomitamiu)がシェアした投稿

 

富田望生さんの簡単プロフィール

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

富田望生(@tomitamiu)がシェアした投稿

 

■富田望生

生年月日: 2000年2月25日

出身地: 福島県いわき市

身長: 152cm

特技: クラリネット・パーカッション・歌・ドラム

 

富田望生さんは、2011年3月の東北大震災を機に東京へ移住しています。

父親は富田さんが生まれる5ヶ月前に、不慮の事故で他界しており、母親が女手一つで育てたそうです。

妊娠中に人生の伴侶が亡くなるとは、ショックがとてつもなく大きかったでしょうし、将来のことが不安で仕方なかったでしょうね。。。

お母さんはさまざまな想いを持って富田さんを育てたことでしょう。

 

富田望生さんは、数々のエキストラを経験、2015年に『ソロモンの偽証』でオーディションを勝ち抜き、映画初主演を飾ります。

役柄に応じて体重を増やしたり減らしたりできる富田さんは、女性版ロバートデニーロのようだと感じました。

 

富田望生 ヒルナンデスでの母の手紙が話題に!

 

 

女手一つで富田望生さんを育て上げたお母さん。

2020年1月のヒルナンデスで、成人式を迎えた富田さん宛にお母さんから手紙が届いていました。

 

望生が生まれてもうすぐ20年です。ママは望生と一緒に母として成長する毎日でした。

2000年2月25日、パパが天国に帰った日から5か月後の月命日、パパにそっくりな望生に逢えたことが人生一番の喜びです。

生まれてきてくれてありがとう!!

19年間、辛く苦しい涙も笑って嬉しい涙もいっぱいあって、楽しかったね!!

『望んで生きる』望生は望生の生き方で、1分前までの過去を楽しんで、今から始まる未来を楽しんでいってね!!

成人おめでとうございます。

 

この手紙に富田さんは、

 

嬉しかったですね。

父が(私が)生まれる前に亡くなっておりまして、母と2人で頑張ってきたので、これからも支え合いながら生きていきたいなと思います。

 

お母さんと2人で頑張ってきたんだなということが伝わってきますよね。

 

 

 

富田さんを応援するコメントがたくさんです!

 

富田望生さん ヒルナンデスでの衣装が可愛かったし、卒業が名残惜しい SNS上の反応は?

 

 

 

 

圧倒的に寂しいとのコメントが多かったですが、富田さんの今後の活躍を心から応援しているコメントもたくさんありました。

皆さんからのコメントから、富田さんのお人柄が感じられます。

 

富田望生 ヒルナンデスでの母の手紙が話題に!卒業が名残惜しい まとめ

 

ヒルナンデスを卒業した富田望生さんですが、精力的にお仕事を頑張っていますよね!

この先も注目される女優の1人になること間違いなし!です。

これからもお母さんと仲良く、お仕事も頑張ってほしいですね。

最新情報をチェックしよう!